日本の17歳以下の子どもの7人に1人(全国で約260万人)が経済的な貧困状態にあるといわれています。山口県では生活保護世帯は10年で3,100世帯増加、 ひとり親世帯は2,700世帯増加し、就学援助を受ける子どもの人口も全国平均に比べ10%高く、子どもを取り巻く状況は年々と厳しくなっています。

一見普通に見えても、家庭の事情や経済的な理由で、十分な食事をとれていなかったり、勉強にまったくついていけなかったり、社会から孤立してしまっている子どもたちが、山口県にもたくさんいます。

地域に暮らす私たち大人が、子どもたちの問題を自分のこととして捉え、子どもたちを見守り、支えるしくみを作らなくてはなりません。

私たち「こども明日花プロジェクト」は、生まれ育った環境に関わらず、すべての子どもが自分らしく、希望を持って成長できる社会を目指します。

 

私たちのビジョン

どんな環境に生まれ育っても
こどもが明日(あす)に
希望を持てる社会を実現する

私たちのミッション

1.子どもたちが安心して過ごせる居場所と学びの環境を提供する。
2.身近な大人が子どもたちを見守り、支える地域をつくる。

 

 

わたしたちの目指すビジョンの実現とミッションの達成のため、
こども明日花プロジェクトは以下の活動を展開し、子どもたちの成長をサポートしていきます。

 

“こども明日花プロジェクト”について

子どもの明日(未来)に花を咲かせたいという想いで、「こども明日花プロジェクト」という名前をつけました。シンボルマークはカモミールの花がモチーフ。カモミールの花は「逆境で生まれる力」という花言葉を持っています。踏まれても、踏まれても、美しく咲くカモミールの花のように、苦難の中にある子どもたちにも綺麗な花を咲かせてほしい、という想いが込められています。