【明日花シングルカフェvol.3 8月20日】

帰省、登校日、いろいろ重なって“こぢんまり”の予定だった今回のシングルカフェ。

気がつけば始まって以来の大所帯。
お客様も次々に来られて、新しい風を感じる1日でした。

10:00〜
明日花ファンドレイザー、山野井哲也さんによる、お金のお話。シングルマザー、やっぱり1番気になるんです、お金のこと。ふだん露骨に聞けないことも「大事なこと」として素直に話して、みんな「うんうん」頷いて。真剣すぎて笑うところ笑えなくてスミマセンでした。
11:00〜
ピアカウンセリング。
お金の話が盛り上がりすぎて、いつもの半分の時間になったので、短い時間でできる“KJ法”を使った課題への気づきまでをやりました。ひとり親の課題を付箋に書きなぐってくことで、気持ちを外へ出す→見える化する。自分でも「あ、こんなこと書いちゃってる!」て気づきがあったり、勢いで書いちゃったホンネで盛り上がる、盛り上がる。
貼り出して、まとめていくと、共通の課題、個別の課題が見えてきました。
次回からは課題の掘り下げです。

13:00〜
おもちゃコンサルタント、福武典子さんによる“遊びの時間”。
この時間、始まったばかりは誰かが持ってきた3DSに群がってた子供たち。
福武さんが遊んでると、ひとりが気になり寄ってくる。それ見てまたひとり寄ってくる。気がついたら誰もゲーム触ってませんでした。夢中すぎて各々勝手に遊び出す始末でしたが、エアコンが効かないほどの熱気でした!

学生ボランティアさん、若者ボランティアさん、全身で遊んでくれて、顔クッシャクシャクにして笑ってくれて、親以外の、身内以外の愛情をたっぷり感じさせてくれました。

シングルカフェを知らずに訪れた親子も途中から参加してくれたり、「なにか手伝えることありませんか?」と訪ねてきてくださった方々。
本当に楽しくて、嬉しくて、人の繋がりを感じる1日でした。
「次は誰が来るんかな〜」どのボランティアさんも大好きで選べない子供たち。
ボランティアの皆さん、いつも本当にありがとうございます。

 

私たちこども明日花プロジェクトは
寄附を募集しています
マンスリーサポーター(継続寄附)・ワンタイムサポーター(都度寄附)募集中!
詳しく見る

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL