徳地青少年自然の家&りんご狩りツアー

 

10月22日、徳地青少年自然の家で課題解決型体験プログラム(TAP)と、徳佐のリンゴ園でりんご狩りを行いました。
TAPプログラムとは、徳地アドベンチャー教育プログラムの頭文字をとったもので、グループワークにより,協調性や信頼感をはぐくむ体験学習プログラムです。チームに分かれ、緊張をほぐすゲームから始まり、最後にはミッション(課題)が与えられ、それをみんなで協力してクリアするという流れになっています。木で出来た島から島へ、長さの違う板2枚を組み合わせて、地面につかないように渡る、、などと大人から見てもクリアするのに難しいミッションが出されます。
学校のクラスであれば、年齢も体格も似ていますが、明日花は大学生から5歳までが同じチーム。そして学習会や居場所など、違う場所から知らないもの同士が集まっています。最初は緊張ぎみでしたが、徐々に声を掛け合ったり、話し合ったり、励ましあったり、途中では「あ〜あ」というため息も漏れたり。ゲームを通じて、お互いを知るとても良い機会になりました。徳地青少年自然の家のスタッフの方々には企画段階から相談にのっていただき、大変お世話になりました。ありがとうございました。
TAPプログラムの後は、バーベキューとりんご狩り。この日は台風の影響であいにくの雨でした。バーベキューは船方牧場のビニールハウスの室内バーベキュー場で行いました。バーベキューからは保護者の方々も参加し、みんなでわいわい話しながら、お腹いっぱい食べ、その後りんご園に向かいました。雨が降り続ける中、りんご狩り自体どうするか?と迷いましたが、子どもたちの「やりたい!」という熱意に負け、カッパを用意し、雨の中のりんご狩りを楽しみました。雨に降られながら、りんごを頬張るというなんともかわいそうな光景になってしまいましたが、その中でも子どもたちは「おいしい!」「もう一個!」と楽しんでいました。今年は晴れの日が8月9月に多かったせいか、りんごがとっても甘く、本当に美味しかったです。
雨や天候の心配をしすぎるのは大人で、子どもたちはどんな状況でも、楽しむ力があるのだなぁと学びました。ケガもなく、(風邪の報告も今のところはなく、、、ホッ)、よい思い出を作ることができました。
来年は晴れたらいいな!!!笑

 

私たちこども明日花プロジェクトは
寄附を募集しています
マンスリーサポーター(継続寄附)・ワンタイムサポーター(都度寄附)募集中!
詳しく見る

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL