【明日花レポート2月17日】

 

 

この日のさくらさく学習会は市内3ヶ所ともすべて開催でした!
中3生の嬉しいお知らせが続く中、公立の入試本番に向けてあともうふんばりです。
中学生は中間試験に備えて、たくさんのこどもたちが勉強をしに来てくれました。
また、バレンタインが過ぎたばかりということもあり、こどもたちの中にはボランティアさんにチョコをプレゼントしてくれた子もいました。

仲良しの中3生は学ボラさんに英語の例文クイズを出してもらい、どっちが早く答えられるかを楽しそうに競っていました。受験本番まであと少しのこの時期に、楽しく勉強に取り組む時間も貴重ですね。また、休み時間には小学生の妹が塗り絵をしているのを優しく見守り、付き合う中3生のお姉ちゃんの姿も微笑ましかったです。

なのはなクラブはお客さんが大変多い日でした。見学の方、学習会で気になった子について相談しに来られるボランティアさんもいらっしゃいました。
女子グループは休むことなく遊び続け、女子大生のボランティアは体力がもたない、、、と漏らす場面も。笑
はじめは緊張して、言葉が少なかった兄弟ともコミュニケーションが取れるようになりました。
看護師を目指す高校生のために、現役看護師のボランティアさんがきてくださいました。勉強の仕方や看護の世界について、楽しそうに話す姿に、また世界が広がったなぁと嬉しくなりました。
また、中学生の女子は大学生のボラさんに「毎週土曜日は気持ちが明るくなる」と伝えたそうです。
学校と違って、なのはなで学ボラや高校生、小学生などいろんな人と交流ができて嬉しいのだとおもいます。
なのはなハウスが大人も子どもも含め、様々な人の居場所になってきているなぁ、と実感しています。
なのはなハウスのモットーでもある、「自分らしく安心していられる場所」。
これからもその実現に向けて、スタッフ共々、和やかに、自分らしく頑張っていきたいと思っています^-^

 

 

私たちこども明日花プロジェクトは
寄附を募集しています
マンスリーサポーター(継続寄附)・ワンタイムサポーター(都度寄附)募集中!
詳しく見る

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL