【小郡みんな食堂 の裏話】

【小郡みんな食堂 の裏話】

8月25日(日)の小郡みんな食堂は、山口県で初めての子どもによる企画でした。
子どもたちは、普段から親子でボランティアとして参加している親子が中心になり、
山口市小郡南小学校の3年生6名が委員として準備しました。
メニュー決め、ポスターのイラスト作成、お楽しみステージプログラムでのクイズや進行、
飾り付けなどを大人とは違うアイディアで工夫をしてくれました。

一方で、「24時間テレビの中継が入るかもしれない!」というニュースが舞い込みました!!!!

担当者としては、この機会に寝かしていた企画をやってみようと、
子ども企画にいろいろとねじ込み始めてしまいました(ごめんなさい)。

【1】
オゴオリザクラの妖精「おごりん」に来てほしいとラブコール。
実現には「おごおり地域づくり協議会」が協力してくれました。
おごりんシールまで寄付してくれました。
【2】
何かを体験できる食堂にしたいという想い。
岡崎木材工業さんが木製コースターを寄付してくださり、コースターのペイント体験コーナーが実現。
【3】
食に関する何かを仕掛けたい。
日本食育協会さんがエプロンシアター「まごわやさしい」をしてくださいました。
【4】
人が集まる、熱い夏、みんなが喜ぶカレーを作りたい。
肉の丸秀さんから国産牛肉(!)の寄付をいただきました。

 

その結果、当日参加してくださったボランティアさんは過去最高33名!
子ども実行委員のみなさん、ボランティアの皆さん、おごりん、どうも有難う!
こんな感じの1日でした。

   

【飾り付けもみんなでがんばりました】

 

   

 

【こども実行委員とボランティアのみなさま。お疲れさまでした!】

私たちこども明日花プロジェクトは
寄附を募集しています
マンスリーサポーター(継続寄附)・ワンタイムサポーター(都度寄附)募集中!
詳しく見る

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL